title_iegadekirumade.jpg
お客様との出会い
直接面談の上、敷地及び資金計画を含め、家族構成や要望、ご予算ならびに資金計画等のお話を伺い、プラニングをします。
 
プランニング
  現地調査等の結果とご要望を照らし合わせながらプラニングを進めます。(納得いただけるまで何度でも修正いたします。)プランが決まればお見積りに入ります。
 
お見積書の掲示
 

 プランニングの内容にあわせ内訳書とともに見積書をご提出いたします。見積の範囲、見積以外の費用等及び別途工事の説明をいたします。契約予定金額が決定次第、契約日を打ち合わせ木材の仕入準備に入ります。

 
契約及び確認申請・瑕疵担保保険申込手続き
   工事請負契約を締結後、木材の手配、搬入を始めます。確認申請・瑕疵担保保険申請他提出。確認済証交付後、地鎮祭等の日程を決めます。
 
地鎮祭・着工
   地鎮祭を済ませ、地縄を張り建物の位置を再確認後、やり方、墨だしを行い基礎工事に着手します。瑕疵担保保険における配筋検査を受けます。
 
上棟
  基礎が終り、大工さんの建前(躯体細工)及び屋根仕舞材の準備が整うのに、合わせて上棟式の日程を決めます。上棟式も近年では簡略化しています。(餅まきについても、施主の希望により省略化されています。) 
 
中間検査
   屋根・防水(ベランダ等)工事が終り、筋交及び構造用の金物を取付けたら瑕疵担保保険における中間検査を受けます。
 
竣工・検査
   建物の完成にあわせ、建築基準法による完了検査を受けます。検査合格後に発行されます検査済証の交付を受け、その控えと共に瑕疵担保保険の保険証書の申請手続きをします。
 
お引渡し
   検査済証の交付後、お引越いただきます。お客様には、保存登記などの手続きをお願いします。必要に応じ外構工事等に着手いたします。
 
アフターメンテナンス
 

 平成21年10月1日より実施されている新築住宅の瑕疵担保保険に加入。